乾電池とアルミで火おこし

最近インターネット上で見掛けた小技。

乾電池とアルミで火が起こせるそうな。
確かに言われてみればそうだよなーw

やり方は簡単

用意するのは乾電池。

ただし、注意したいのが使用する乾電池はマンガン電池が一番安全。

リチウムイオン電池の場合、元々不安定な所に過放電させると最悪爆発します。

b50b1d92

ガムの包み紙。

必ず細くなるくびれ部分を設けてください。

すぐに火が付くように。太いままだと過放電の時間が長くなり危ないです。

29ac956c

乾電池の両端に先ほど加工した包み紙の両端をセットします。

240711bb

瞬間で火が!

b7ffca0c

ライター等が無い場合は凄く便利です。

ですが、過放電させますので、本当に必要な時の最後の手段とした方がいいです。

最悪爆発しますんでね。

今時マンガン電池は安いので準備しておきましょう。

あ、そうそう、今回と話は別ですが、壁掛け時計とかリモコンとかにはマンガン電池が最適です。

電圧降下が緩やかなのでながーく使えます。

アルカリ電池や充電タイプの電池は、モーター駆動したり一時的に電流を必要とする向きです。

このタイプはパワーはありますが、突然電圧低下を起こして使えなくなるタイプです。

created by Rinker
日立ホーム・アンド・ライフ・ソリューション株式会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする