豆炭アンカ

管理人、冬のキャンプや寒い夜に豆炭アンカ使ってます。

豆炭って火が付きにくいけども、豆炭アンカで布団に入れとくと丸1日は暖かいです。
なので、冬のキャンプでも重宝します。

使用方法(ミツウロコのHPより)
・ミツウロコの豆炭をご使用の場合は、豆炭が1/2位赤くなるまで着火させて、アンカの中央の穴に入れて下さい。
全体が真っ赤になるまで着火させると、立ち消えの原因となります。
・アンカには着火させた豆炭1個を入れて下さい。
・ミツウロコのスーパーマメタンをご使用の場合は、火熾し器等を用いて豆炭の角へ着火し、炎が消えて2~3分たってからアンカのフタをして下さい。
なお、炎がでない場合はもう一度着火して下さい。
・就寝の2時間くらい前に布団に入れるのが最適です。
・ロックウール(岩綿)を多く詰めるとアンカの温度は下がりますので、やわらかい暖かさをお好みの方は、ロックウールを補充して下さい。
但し、詰め過ぎると立ち消えすることがあります。
・アンカのロックウールはご使用方法によって、固まったり減ることがあり、このような時には温度が上がり過ぎることがあります。
その時は、別売りのミツウロコの豆炭アンカ用ロックウールセットと交換して下さい。
ロックウールセットは片面に1箱必要になるため、両面交換する際は2箱ご使用下さい。
また目安として、3年程度で交換して下さい。
※ロックウールは石綿(アスベスト)とは異なり、人工鉱物で人体には影響はありません。
・暖かいアンカを同じところに置いておくと、変色したり床等にダメージを与えてしまうため、熱に弱いところには長時間放置しないで下さい。

特に注意点としては、
・完全に燃えるまでアンカに入れない。
中途半端だと一酸化炭素がメチャメチャでます。これは練炭系全部に言える事です。
・中のロックウールセットは3年を目処に新品に交換する。
絶対に古いままで使用しない。このロックウールがあるお陰で一酸化炭素の発生が抑えられています。
ロックウールとは、中の白いガラス繊維みたいな奴です。

豆炭の一酸化炭素の検証をしているサイトがありますので、読んでみると面白いですよ。
豆炭コタツ一酸化炭素検証

それと、キャンプでは就寝中のもしもの為に必ず一酸化炭素アラームを使用しましょう!

ある程度空気の流れを作れば大丈夫ですが、やはり念の為に。
知らぬ間に天に召すのもなんなんでw

それと、簡単に着火する豆炭も売ってますが、一度買って使ってみたのですが、鼻をつく特有の臭いが中々消えなくて、一度っきりで使うのを止めました。

ですが、焚き火や炭起こしには凄く便利なので、残りはそれに使ってましたwww

放置しておいても揮発しないので、着火剤の変わりにあると便利な一品ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする