BeMicro Max10 Lチカ 動作確認

Qurtus Primeのインストールも終わったので、次は動作確認します。

やはり定番のLチカです。

しかも、手抜きで他のサイトからプロジェクト毎貰ってきます!

いつも愛読させて頂いております、トランジスタ技術様のところ・・・・・

(もう30数年お世話になっております・・・・)

ここの真ん中位にある「STEP1」のリンクからダウンロードしてください。

(ダウンロードしたらトラ技買うようにしてくださいね!)

TR1511A.zipがダウンロード出来ると思いますが、このファイルの中のVerilog\maxlabフォルダを適当なフォルダにコピーしてください。

コピー出来たら、QuartusPrimeのFile-Open Projectから先ほどのフォルダの「maxlab.qpf」を読み込みます。

読み込むと、左側のProject Navigatorに「maxlab」が出てきますのでダブルクリックしてください。

ダブルクリックすると、右側にLチカのソースが表示されますので、上のオレンジ色の箇所を押すとコンパイルが始まります。

コンパイルが終わったら、ミドリ色の箇所をクリックしてください。

別ウィンドーが開きますので、オレンジ色の箇所をクリック。

今はまだHardwareが未設定ですので、ここで設定します。

オレンジ色の箇所をクリックし「No Hardware」から「USB-Blaster[USB-0]」に変更します。

変更したら、ミドリ色のCloseをクリック。

先ほどグレーアウトしていた「Start」がアクティブに変わりますので、「Start」をクリックすると転送が開始し、基板上のLEDが点滅を始めます。

一応、動画も載せておきます。

この動画は、最初全体的なLEDのシフト点灯動作中に、Lチカの転送を行っています。

LEDシフト点灯 → 消灯(転送中) → Lチカ(LED1個だけ)

上記動作となります。

BeMicro Max10 Lチカ 動作確認動画

続きはぼちぼち書いてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする