Arduino Uno 互換 Keyestudio Uno

Arduino Unoを1台持ってるのですが、もう一つ必要になりAmazonを探してたら、めっちゃ安い互換品をめっけました!

USBケーブルも付いて999円ですよ?

2018/09/30 追記:

な、なんと、今送料無料で499円のが出てました!

しかもケーブル付きだと?

安すぎる!

レビューとか見ても一部の人を除いて高評価なので、割といいんじゃないでしょうか?

ここまで追記:

評価見ても全然問題ない感じ?あ、ドライバーは入れないとダメって書いて有るな。

けど、ドライバー位なんの問題もない。

早速ポチって、届きました。

999円なので、梱包は雑かと思ったけど、意外と外箱付いてる。

ついに出ました。

パクリ互換品ですね。

あ、今思い出した、1台目も互換品だった!w

Osoyooのヤツですは、色々パーツがセットになったヤツで、直ぐに色々と遊べるヤツ。

それは、後で記載しますね。

話を戻して、

基板全体。

色が違うだけで、Osoyoo互換品とほぼ同じ。

てか、互換品はほぼそうだんだろうね。

値段安くする為に。

けど、ありがたい。安いに超したこと無いからね。

早速、LEDチカチカさせてみます。

このLEDはDigitalポートの13番に写真のLと書いて有るLEDに接続されてるらしいので、このポートを制御してLEDをチカチカさせてみます。

#define LED_PIN 13

void setup() {
	pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void loop() {
	digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
	delay(1000);
	digitalWrite(LED_PIN, LOW);
	delay(1000);
}

たった、これだけでLEDを制御出来ちゃうんです。

これは1秒(1000ミリ秒)毎に点灯・消灯を繰り返すプログラムなのですが、ソース上の1000を変えると変えた時間で繰り返します。

では、早速Arduinoをパソコンい接続し、・・・・・・・

あれ?ドライバーのインストールが始まらない?ん?入れるんじゃないの?

まー、取りあえずそのままやってみますか。

まずは新規でスケッチを作成し、上記のソースを記載しコンパイル、書き込み!

お?

普通に認識して動いてるっぽいw

Windows10だと標準でOKなのかな?

まー、取りあえずはこんな感じで光ります。

で、先ほどの1000を500に変えたバージョン

約半分の時間で繰り返します。

まずは動作確認でしたー!

こちらも見てねー Arduino Uno 互換 Osoyoo 基本部品セット

OsoyooのキットはArduinoシリーズが軒並み無くなってますね。

人気あったのかな?

他のはまだあるのでこちらをn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする