基板自作 エッチング編

Prev:基板自作 パターン転写編

ついにエッチング編に来ました。

ここでミスったら最初からやり直しですので、慎重に!

まず必要な道具から

・温度計

・エッチング液

サンハヤトのは高いので画材用の腐食液が安くていいです。ただし、最後の処理剤は無いので自分で準備します。

・ジップロック

・除光液(アセトン) ネイル落としで使ってるヤツ

・わりばし

・基板用フラックス

まず、ジップロックにエッチング液を必要分入れます。

そこに基板を入れて、温度を45℃位にしたお湯に漬けます。

たまに揺らしたり、持ち上げて基板の表面を確認しながら、15~20分エッチングします。

パターン以外の銅箔が溶けて無くなったら終わりなので、袋から基板を取り出し水道水でながしてください。

その際、使い終わったエッチング液を排水溝に流さないでください。

まだ中和してない状態で流すと、水道管がやられます。

困るのは自分です、絶対に止めましょう!

勿論、環境汚染にもなるので止めましょう!

エッチング液自体は無害なんですが、銅が溶け込むとちゃんと処理する必要が出てきます。

で、銅箔が溶けたので取り出して水洗い

綺麗に、パターン以外の銅箔が無くなっています。

次は、このトナーを除光液で拭いて綺麗にします。(めっちゃブレてましたw)

で、最後はフラックスを塗って半田の付きをよくします。

これを直ぐにやらないと、後々半田が乗らなくなります。

ここまで来たら、後はアクリルカッターでそれぞれに分けて、ミニルーターで穴を開けて終了です。

穴開けは、PROXXON ミニルーター No.28525 ドリルスタンド No.28606で書いてるので、割愛します。

最終的にはこんな感じになります。

次は、「エッチング液後処理編」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする