基板自作 パターン転写編

Prev: 基板自作 回路図CAD編

今回は、予告通りに「パターン転写編」です。

前回までにパターンは作成済みなので、このパターンを基板に転写します。

ネットを調べれば色々なるのですが、自分はこの方法でやってます。

道具は

・レーザープリンタ  HL-L2365DW 随分と安くなったよねー

・普通コピー用紙 A4

・PCB ヒート伝達ペーパー

・アクリルカッター

・定規

・耐水ペーパー #600

・ラミナーター A4 LTA42E

・拡大鏡

まずは、ガーバーデータをレーザープリンターに出力します。

この際、ミラー印刷を選ばないと大変な事になりますので注意してくださいね。

最初は普通に印刷。どっちから出てきたかちゃんと覚えてくださいね。

印付けるといいかもです。

次にパターンと同じ場所に黄色い用紙をテープで固定しますが、この際表のツルツルの方にトナーを付けますので、向きを間違えないで!

左のツルツルが外に向くようにセットし、テープで固定してください。

もちろん、印刷機を通るので先に通る方を固定ですよ!

で、プリンターにセットしたらまた同じように印刷。

すると、

こんな感じにトナーがくっつきます。

このトナーを基板に転写する訳なんですね。

では、その前に基板を適当な多きさにカットします。

定規とアクリルカッターを駆使し、最後はボキッと折る。

バキッと折ったら、お次は基板の油脂、汚れを取る為に耐水性ペーパーで綺麗に基板を磨きます。

適当に磨いて少し艶やか、小傷だらけになったら、

いよいよ転写です。

基板に先ほど印刷した黄色の紙をセットします。

間違っても、パターンが見える位置でセットしてはダメですよ!

次に温めて置いたラミネーターに通します。

これは状況によって回数は変わってくると思います。

自分は2回通して少し残るようならもう1回、都合3回位でやってます。

今回は2回で綺麗に転写出来ました。

この写真では判り辛いですが、よく見ると、トナーが薄い場所があったりします。

このままエッチングしてしまうと、パターンが切れる可能性もありますので、マジックで綺麗に補修します。

虫眼鏡有った方がいいですよー。

自分老眼入って来たので細かい作業は拡大鏡使ってます。

と、ここまで出来たらパターン転写は完成です!

次は「エッチング編」へー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする