DS1054Z SPI デコード編

youtubeに登録してみたーーー!(一番下参照)

前回のSPIトリガ編に続き、デコード編です。

シリアル通信を測定していると、どうしてもデータは2進数なのでイチイチ数えて、合ってるか確認する事になります。

ですが、面倒。

そこで、DS1054Zのオプションのデコード機能を使うと指定したフォーマットで表示してくれるので凄く便利です。

まずは、オシロの右側のVERTICALのMATHボタンを押します。(写真の赤丸)

そうすると、写真の様にメニューが表示されますので、デコード1を選択します。(写真の赤丸)

一番上のデコードでSPIを選択すると、SPI固有のメニューが表示されます。

ターンオフの所は最後に説明しますね。

まずはCHの設定ですが、ここではちゃんとMISOとかMOSIとなってますw

今回はトリガ編同様に

・CLK:CH3

・MISO:OFF (トリガ設定では設定してません)

・MOSI:CH2

となります。

次に、▽のメニューボタン(写真の赤丸)を押すと他の設定項目が表示されます。

一番上のコピーを押すと、前回設定したSPIトリガの設定をコピーしてくれるので再度設定する必要がなく、楽です。

で、トリガモードはCSで、CSはCH1にしています。

今回のCSはアクティブLow、エッジは立ち上がりです。

エッジはSPIをどのモードで使用するかになります。(割愛)

再度、▽マークのボタンを押してメニューを切り替えます。

・極性:Highで1

・パルス幅:8ビット

・Endian:MSB First

・フォーマット:ここで表示をどれにするか選択します。今回はHEXで表示しますのでHEXに合わせます。他にDEC、BIN、ASC、LINEが選択可能です。

ここまで設定したらデコードの最初の画面に戻ります。

先ほど、説明しなかったターンオフの箇所ですが、ここをターンオンに変えると

デコード結果が画面に表示されます。

(* ‘д’ノノ゙☆パチパチパチ

でけました!

判ってしまえば、こんなもんなんですが、探してる時はホントに判りづらいですw

マニュアルもう少しなんとかならんのかなー?と思いますw

2018/6/30まで、オプション無料キャンペーンしてるよー。

凄いお得ですよー。

RIGOL (リゴル) デジタルオシロスコープ DS1054Z オプション10万円相当無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする