DS1054Z SPI トリガ編

youtubeに登録してみたーーー!(一番下参照)

今回はDS1054ZのSPIトリガの設定です。

オシロの右側のTRIGGERのMENUを押すと、通常はモードがエッジになっています。

このモードの右隣のボタンを押すと色々なモードが選択出来るのですが、今回は写真の様に一番下のSPIをツマミを回して合わせ、ツマミを押し込み選択します。

この際、気を付けないと押した瞬間に少し回転して、違うのが選択される場合があります!

意外とやっちゃうんですよねwww

気をつけましょう!

で、SPIを選択すると、SPI固有の項目が表示されます。

SPIなのに、何故かSCL、SDA、CS! www

ま、そのままクロックとデータと言う事で、SC、MOSIAまたはMISOA、SSと読み替えます。

条件は、CSで掛けるかタイムアウトで掛けるかですが、CSに合わせます。

今回の設定は下記です。

・SCL:CH3

・SDA:CH2

・CS :CH1

続いて、色んなコマンドを送信してる場合に、目的のコマンド、データでトリガーを掛けたくなると思います。

そこで、一番したのデータの右側ボタンを押すと、データの設定画面に切り替わります。

今回はアドレス幅が8ビットです。

現在の位置は画面下のH、Lが並んでる箇所があるかと思いますが、ここのインデックスになります。

現在の位置で場所を指定し、その下のデータでH、L、Xを設定します。

全部のビットを同じにしたい場合は、一つ設定し終わったら全ビットを選択すると、全部に適応されます。(写真なし)

今回データは「0x55」を全コマンドで送信してますので、「LHLHLHLH」に設定しています。

X(don’t care)を使って、0x50~0x5Fまでを指定したい場合は、「0x5X」となるので「LHLHXXXX」と設定すればOKです。

ちょっと判り辛いかもしれませんが、これでRUNすると指定したデータでトリガが掛かるようになります。

次はデコード編になります。

2018/6/30まで、オプション無料キャンペーンしてるよー。

凄いお得ですよー。

RIGOL (リゴル) デジタルオシロスコープ DS1054Z オプション10万円相当無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする